診療の進め方
院内案内
イベント
スタッフ募集
ブログ
矯正歯科

日本矯正歯科学会認定による矯正治療です。


堀内 洋輔

日本矯正歯科学会認定医
東京医科歯科大学咬合機能矯正学非常勤講師

歯列不正というものは、その人、その人により、いろいろ違った状態や症状を呈します。従ってその治療法も無限にあると思われます。私は、その人にとって最も相応しい、正しい咬合と調和のとれた口もとについて可能な限り追求していきたいと願っています。誰もが、その人に相応しい正しい咬合と調和のとれた口もとを獲得し、より一層心も身体も健康になることにより、これからのライフステージにおけるすばらしい可能性を持っていただくお手伝いをさせて頂く事が願いです。また、日本矯正歯科学会認定医が豊富な知識と経験を生かし、”見えない”“目立たない””痛くない”等の患者さんの要望に合わせ、最もふさわしい治療方法で矯正治療を提供できるようつとめています。


矯正装置&方法

  1. マルチブラケット装置
  2. もっとも一般的に用いられる方式で、歯の表面にブラケットを装着し、メタルワイヤーを主体として歯を移動させて治療を行うものです。骨の中に埋っている歯根も含め、3次元的な歯の移動が可能で、一本一本をきちんと並べる事が得意な装置です。ブラケットの材質によっていくつかの種類があります。

  3. 舌側矯正装置
  4. 歯の裏側(舌側)にブラケットを装着して行う方式です。外からは全く装置が見えませんので、審美性にはもっとも優れていますが、通常、治療期間は表側の矯正に比べると、少し長くなる可能性があります。

  5. 透明で目立たない矯正装置
  6. 取り外し可能な透明なマウスピースを用いて歯の移動を行う方式です。取り外しができて衛生的で、透明な素材を用いますから、目立ちません。症例によっては、この装置だけで治療を完了するのが難しい場合もあり、マルチブラケットとの併用により、より精度の高い治療結果を得ることができます。

  7. インプラント矯正装置
  8. 顎の骨の中にネジのようなものを埋め込み、そこを歯を動かす力の支えとして使用しながら矯正治療を進めます。マルチブラケット装置と併用する事の多い方法です。この方法を利用する事により、治療期間の短縮や、今まで動かす事の難しかった方向への歯の動きを達成する事ができます。

矯正治療症例

  1. 上顎前突
  2. 上の前歯が前方にせり出しているが、下の前歯の位置は良好な場合が多い。成長期の比較的早い時期であれば上の歯全体を後退させ、歯を抜かずに良好な治療結果をもたらす事ができる


  3. 下顎前突
  4. 早期からの治療により下顎の成長をコントロールし改善させることができる。成長を観察し外科矯正に移行するケースもあります。


    早期に上顎の拡大などを行い前歯の被蓋を改善する事により、その後の成長をコントロールし、上下顎のバランスを改善させることができる。


  5. 叢生(そうせい)
  6. 歯がでこぼこに生えており、下顎の動きを制限しています。 八重歯は上顎の犬歯のはえるためのスペースが不足したため、やむなく外側へ生えてしまった状態をいいます。歯の中で最も重要な犬歯が噛み合わせに参加出来ない状態ですから、顎のためにも噛み合わせを維持するためにも大変困った事になります。でこぼこな歯列は清掃がうまくできず、むし歯や歯周病になりやすくなります。


    早期に上顎の拡大などを行い前歯の被蓋を改善する事により、その後の成長をコントロールし、上下顎のバランスを改善させることができる。


  7. 開咬
  8. かみ込んでも上下の歯の接触が、奥歯(臼歯)の一部で得られるのみで、上下の前歯の間に隙間がある状態です。上下の歯ならびは別々にみると何ら問題がないように見えるため、見落とされがちなため注意が必要です。前歯ではものをかみ切ることができないが、舌を使ってかみ切ったり、丸めて飲み込む様にしているため、本人は不自由をしている自覚があまりない事が多い。