診療の進め方
院内案内
イベント
スタッフ募集
ブログ
小児歯科

「もう二度と虫歯を作らないでね」という願いを込めて、虫歯を作らないための「教育」を
重要視します。

「歯科嫌い」の患者さまの多くは、幼少期に受けた「歯科医院での嫌な記憶」をいつまでも持っていらっしゃるようです。当院では、患者さまの不安な気持ちに寄り添いながら、「嫌な記憶」を子供たちに植えつけないよう、優しく治療いたします。それは「もう二度と虫歯を作らないでね」という私達の強い願いでもあります。幼少期に虫歯にならないための「教育」をすることで、後の人生における「嫌な」歯科治療から解放されるのです。当院ではこの「小児歯科」における「教育」を重要なポジションと位置づけております。


幼少期の治療はとても大切です。

幼少期のお口の環境とメンテナンスは、実はとても大切です。なぜならば、お子さまのその後の心と身体の発達に大きく影響するからです。子供の頃に歯医者嫌いになってしまうと、大人になってからの歯科通院のハードルがとても高いものになりかねません。また、乳歯はいずれ抜けてしまう歯ですが、将来の健康な身体、永久歯の質や歯並びにとても大切な役割を果たしています。よって、子どもの頃のケアを怠ると、生涯の健康にも影響が出てきてしまいます。


予防処置をおすすめします。

  1. フッ素
  2. 当医院ではカリオグラムと連動し、虫歯予防のための定期的な フッ素塗布 と フッ素入り歯磨剤を使ったホームケアーをお勧めしております。フッ素には以下のような効果が認められています。



  3. ケアー用品
  4. 歯科医院におけるフッ素塗布

    ご家庭におけるフッ素入り歯磨き剤

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝に、予防的にフッ素を含んだプラスチック樹脂を詰めて、虫歯になりにくい歯にします。生えて間もない歯は、非常にやわらかく、とても虫歯になりやすいのです。成熟した硬い丈夫な歯になるまで、このシーラントで虫歯予防をする事が出来ます。特に虫歯になりやすい奥歯の永久歯(六歳臼歯)には、非常に効果的です。

虫歯になってしまったら・・・

当院では、最初の治療が最も大切だと考えております。最初に怖くて嫌な思いをしてしまうと、その後の治療はとても難しくなります。お子さまが安心して治療を受けられるよう、当院ではさまざまな工夫をしております。治療が必要な場合、お子さまにどのような器具を使うのか見せ、機械の音を聞かせ、実際に触わりながら、治療環境に慣れ親しんで頂きます。この段階で、実際に治療が出来るか判断致します。お子さまの状態によっては、虫歯の進行止めの薬を塗り、お子さまの心身の成長を待ちながら経過観察する場合もあります。(※緊急性の高い場合を除きます。)治療が可能と判断した場合、口腔内カメラで撮影した画像を用い、保護者の方は勿論、お子さま本人にも、なぜ治療が必要なのか・・・をしっかりと理解して頂いた上で、慎重に治療を進めて参ります。ご希望があれば、笑気麻酔を使ってリラックスした状態で治療を受ける事も出来ます。治療後は、しっかり予防指導を行いながらメンテナンスに入ります。



子供の歯磨き講座

お父さんお母さんのための< 歯磨き講座 >です。
お父さんお母さんが正しい歯磨き方法を学び、お子様の歯を守りましょう!!